夏終了

学校を卒業してから寿司屋に就職し、通勤時間を少しでも減らすためお店から徒歩5分のところへ引越しました。

毎日がすごい速さで終わり、すごい速さで1週間が終わり、あっという間に夏が終わって(ブログも更新せず)秋雨の時期になりました。

 

何度かブログに残さなきゃとか思っていたし、休みもあったのですが3ヶ月過ぎてしまいました…

 

 

 

歓迎会をしてもらったり

f:id:simple75:20181005142426j:image

 

太刀魚と身長比べしたり

f:id:simple75:20181005142436j:image

 

ウニを割って焼いたり

f:id:simple75:20181005142455j:image

 

移転前の豊洲に連れて行ってもらったり

f:id:simple75:20181005142519j:image

 

 

確かに肉体的にはオフィス仕事よりしんどいですが、対人関係ではノンストレスで過ごせています。

 

 

1日の流れとしては、朝10時に出勤し仕込みをします。

いまわたしがやらせてもらっているのは

  • コハダ
  • カスゴ
  • ノドグロ
  • 石垣貝
  • 鯖(ある時だけ)
  • ボタンエビ
  • イカの皮剥き
  • シャリ炊き

 

そのほかその時の旬によってさばく魚や貝も変わります。調理では、松茸の掃除や茶碗蒸し、車海老を茹でたり、赤出汁や焼き物をやっています。

 

仕込みが終わったら休憩→まかない作ってたべる→夕方から営業準備→営業→掃除

という流れで、日によりますが23時台に終わる感じです。

 

 

そして先週くらいから握りも厨房で握らせてもらっています。仕込み中にできた切り傷や車海老に刺された傷に酢がしみて痛かったりもしますが、この時期に握らせてもらうのは大変有り難いことです。

 

けど、生理などで体調が悪い日はつらくて、肉体労働は合わないんじゃないかと落ち込むことがよくあります。

すでに学校の同期は(卒業後鮨の道に行かなかった人も含め)何人も脱落しています。

それでもまずはやりたかった事、この先だったらできない事をやらせて貰えていると思い、楽しみながら頑張ろうと思っています。

 

何よりも親方や女将さんはじめ、一緒に働く仲間やお客さんに恵まれているのを毎日実感しています。

そして、本当にこのお店のお寿司美味しいなぁと毎日感動しています。