読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月の読書

 

さてさて、3月の読書

3月はなんだかんだなぜだかあまり読書が進まなかったです。

そのわりに、本は何冊も買っていたので読んでいない本だらけ

 

2月に続いて資産運用系の本

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 
  • お金のために働くな、自分のためにお金に働いてもらう
  • 自分でも投資しているファイナンシャルプランナーに相談する
  • 人生に突き回されないようにする
  • 買い物はただの出費、将来自分の資産になるものに出資する
  • 成功している人にコツを教えてもらう
  • セミナーなどで学ぶ
  • 学ぶために働け

ベストセラーなので読んでおこうと1月くらいから読み始めたのに、こんなにも時間がたってしましました。ざっくりいうと、成功している人に教えてもらって効率よく自分は働かないでお金に働いてもらおう。っていう感じでした。

とくに著者のファンでもなかったので、正直ところどころそんな自慢話はいらないよっていう印象もあったせいで、読み終わるまで時間がかかったのだと思う。なんでベストセラーなのかはちょっと不明でしたし、読んだうちのどれだけの人が内容に影響されているのかは不明です。とネガティヴなことを書いてしまいましたが、セミナーなど参加するとほんと少しのお金と何時間かで、その後の資産運用に有益というのは事実。

 

 

  •  素敵な服をきても姿勢が大事
  • 顔が派手なら服やアクセはシンプルに、バランスをとる
  • 黒でまとめるとしても光や若干の色違いをしないと魔女になる
  • 上半身と下半身ボリュームに差をだす
  • キャラクターは少なくていい
  • 玄関先にコート用ブラシ

あまり中身を見ないでなんとなく衝動買いしてしまったのですが、どうやら50歳くらいからのファッションについて書いてある様子。なので少し早い大人の予習的な感じで読み進めました。

全身黒い服でまとめることってあるのですが、ギクッと心に刺さった内容がありました。ちょうどこの本の表紙に書いてある絵の通り名のですが「黒」といってもベロアのように光を吸収したりするもの、光沢があるもの、黒に近いグレーなど。そういった「差」をほどよくつけないと「黒魔女」になる。すごく勉強になった!