読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1月振り返り

まずはこちらの上半期リストから振り返ってみよう

simple75.hatenablog.com

 

達成できたことはこの5つ

  • 新しくPC用メガネ作る
  • 耳かき買う
  • 競馬についての基本情報をおさえる
  • 月に1冊以上本を読む
  • 月1回のプチ断食

 

zoffでPCメガネ作った。なんとなく度が合ってない気がする

どうしようかな。。。

f:id:simple75:20170202221008j:image

 

 

耳かきは悩んだ挙句やすいものを買ってみました

レビューを読むと「昔と比べて品質が落ちた」というものが多かったけど 

初めて買ったので実感はできませんでした。

けど、いままで使っていた耳かきと違ってしなるというか柔らかい。

2本入りだったのは、壊れやすいってことなのかな?

細くて華奢だから、とりあえず折れるまで使ってみようと思います。

わりとおすすめです。

匠の技 最高級天然煤竹(すすたけ)耳かき 2本組み G-2153

匠の技 最高級天然煤竹(すすたけ)耳かき 2本組み G-2153

 

 

競馬の基礎知識については、JPAのサイトを見たり

回収率の高い馬券の買い方や競馬エイトを買って参考にしつつ買っています。

出だしは的中率あげたくてオッズに従って買ってたけど、回収率を上げる方向にシフトしました。なので馬券買うようになってからの合計の回収率は82%

まだまだ。

http://www.jra.go.jp/

 

 

さて転職活動も振り返りたいと思います。

1月は5社面接に行って、結果としては全て不採用。

そのうち2社は、R系のグループ会社

その他はD社と大型事業会社と外資アパレル系

どれもweb系だけど自分のやりたいことではないというのが、面接で伝わってしまったんだと思う。そんな気持ちで応募して時間もとらせてしまって本当に申し訳ないなと今更ながら感じている。

  1. 「大企業がいい」というミーハーな気持ち
  2. やりがい<お金
  3. 実作業は安いしもっとパワポっぽい仕事がてっとり早くお金もらえる

他にも原因はあるけれど、ざっくりいうとこんな感じで仕事を探してたのがそもそもの間違い。

 

「大企業がいい」というミーハーな気持ち

ほんとバカげているけど「大企業勤め=立派・安心=かっこいい」みたいな感じで洗脳されている。大企業につとめるのがゴールみたいな感じで、入社後はボロボロになってもそれでもいい。みたいな気持ちがあった。
洗脳だから原因不明。40代の8割以上が役職つかないと言われている(大企業になるほど年々自分の居場所がなくなるだろう)時代だし、いつ倒産してもおかしくない時代だもの、もう大企業じゃなくていい。雇われるなら居心地のいい会社がいい。

 

やりがい<お金

お金については早く貯金を貯めてお店を持つor将来の不安を減らしたいというのがある。サラリーマンだとたったひとつの勤務先からの収入源に頼った生活をするしかないので、おのずと給料のいい仕事につこうと思うのは仕方がないことだと思える。

理想としてはやり甲斐を感じ好きな仕事で沢山お金を稼ぐこと。それを行動に移して叶えられる人は少ないわけで、少しでも不安を減らすために収入源を増やすことを年内に動き始めたいと思います。未来への投資。

 

実作業は安いしもっとパワポっぽい仕事がてっとり早くお金もらえる

ほどほどにやり甲斐があって自分も楽しめてそこそこ満足できる給与なら転職もしていない。

今回の転職活動ではふつふつと怒りが込み上げてきたり、悔しい気持ちになることがあった。例えばデザイン職で、(経験上恐らく)たいしたデザイン業務が発生しないのにこんなに給与もらえるの?とか、そんな楽な仕事でこんなにもらえるの?みたいなことがあり、職人ってなんで安く買い叩かれるんだろうという社会への不満。

ぜひ来て欲しいと呼ばれて行った面接では、こんなにお金もらるのにほんとに業務それだけ??という思いが出てしまって、結果的に「弊社の業務に興味がなさそう」と言われた。全く興味のない仕事なのにお金とラクさに釣られてついて行ってごめんなさい。

 

恥ずかしながらこんな間違ったことに気がつかなかったのだけれど、ありがたいことにとある制作会社からオファーいただいて、そこからちゃんと考え始めた。

どうなるかはわからないけれど、考え直すきっかけを作ってくれたことにとても感謝しています。

そして、世間は狭いというか縁ってあるんだなと感じています。

実はその会社にかなり昔デザイナーとして面接に行ったけど落とされていて、その時の面接官が役員になりその人から今回匿名の私に管理職として来て欲しいという連絡が来た。恐らく私のことなんて記憶にないだろうけど、時を経て全く違うポジションで、そういう連絡が来るというのは人生何が起こるかわからないなと。

人のご縁って面白い。