丸鶏を捌いてみた

 

1月に丸鶏の捌き方を習ったもののその夜に怪我をしたり、YouTubeで捌き方の動画を見てからサバキ包丁を買ってからやろうと決めていたら、もう4月になってしまっていた…

包丁はいろいろ悩んだ挙句、初心者なのであまり高価ではないけれど腕があがっても使えるもの、ステンレス製のものという条件からdancyuのサバキに決めました。

f:id:simple75:20170430100446j:image

刃渡りは15cmで、持った感じは普段使っている包丁よりも重みを感じました。

肉のほかもちろんお魚もおろせます。

 

今回使ったお肉は東急にふらっと寄った時に購入しました。だいたい1,600円くらいでした。

捌きの練習第一回目なので、特に産地などにはこだわりもありません。

そこそこの大きさで、中抜きしているものであれば十分です。

 

1月の記事にも貼りましたがこの動画を昨日の夜にもう一度見てイメージトレーニングしました。


丸鶏骨抜き解体

 

捌いている最中の写真はひとりでやっているので衛生面と時間を考慮した結果、撮影しませんでした。必要なさそうな気もしますし、撮るなら動画かな。

というわけで、出来上がったのかこちら

f:id:simple75:20170430101225j:image

(初めてだったので、ダイニングテーブルでやりました)

 

f:id:simple75:20170430101336j:image

 左から紹介します。まずは鶏ガラです

習いに行った時は骨の周りにお肉がわりと付いていましたが、YouTubeのやりかただとほぼお肉が残りませんでした!ナイス。

 

f:id:simple75:20170430101538j:image

そしてもも肉。ソリレスもつけています。まだ決めていないのですが骨つき肉のまま料理したいと思っています。

捌きはじめて関節のスジを最初に切るのがこのもも肉なのですが、やるのと見ているだけだと随分違いますね。ほんと実践大事。

ソリレス切ってスジ切って足首持って剥がす!

 

 f:id:simple75:20170430102137j:image

 次はムネ肉。上手できるかとても心配していた部位です。ムネ肉の真ん中に縦に切れ目を入れ、肩にある二つの骨の間のスジを切ったらすこし力いりますが剥がす!そうすると写真みたいにきれいな断面になります。

手羽元を切り離してムネ肉の完成。

 

f:id:simple75:20170430102611j:image

最後にササミです。ムネ肉を剥がすとガラにツルツルのササミ肉が残っています。軟骨側だけ包丁をいれたら、上の方から手でスジを離して剥がす!表面がピカピカしてて美しい!

 

もう一度並べた状態を…

f:id:simple75:20170430101225j:image

 

所要時間測っていなかったのが残念ですが、かなり早く終わりました。(10分もかかってないくらい)

包丁も普段使っているものとはかなり切れ味が違いました。

習ったやり方とはかなり違いますし出来上がりの美しさも違って、あれはなんだったんだろう?と思っているんですが、結果としてさきほど紹介した動画の捌き方が初心者にも一番向いているのかもしれません。ジャンルなどによって少しずつ捌き方って違うのだと思いますが私はこれでこれからも捌いてみようと思っています。楽しかったので本当はもっと捌きたいなぁ。

 

丸鶏を捌くことで鳥一羽の大切さというのが感じられました。うまく説明できないのですが、今週はこの鳥を部位ごとに切り分けて計画的に食べて私は生きていくんだ的な気持ちです。

いただきます!

 

4月の読書

部署異動に伴って勉強したいけどあんまり勉強できなかった月でした…

GW中にたくさん勉強しよう! 

 

超ど素人がはじめる投資信託

超ど素人がはじめる投資信託

 

 ちょっと前からブログを拝見していたのですが、出版するということで買ってみました。内容としては「詳しいことはわかりませんが」のより具体的な内容のような感じでした。挿絵の表などで、ファンドの違いが一目でわかってとても良いです。

5月で満期になる預金があるので、本格的に始める予定です。 

 

 労務というよりは総務と呼ばれそうな部署が何をしているか知っておいたほうがいいかなと思ってダウンロード。小さい会社は自分たちでやることがいっぱいだなと思いました。外食中に読み終わってしまいました。(あまり役に立たなかったかな…)

 

未中年?四十路から先、思い描いたことがなかったもので。? (バンチコミックス)

未中年?四十路から先、思い描いたことがなかったもので。? (バンチコミックス)

 

ちょっと前からスーさんのTwitterをフォローしているのですが、みなさんの反応がよかったのとkindleのオフ率が高い日がたまたまあったので購入。正直な感想としては、あまり共感はできなかったかなぁ。多分エピソードに近いことがそのうち起きてその後にあーーあるある。わかるー。ってなるんだと思うけど。まだちょっと私には早かったかな。 

 

4月のお寿司

先月から住宅補助が出るようになったので、その分をお寿司の(食べる)勉強にあてています。すし匠系にも行きたいけどまずはランチから攻め始めています。

 

鮨 つきうだ

日曜日のランチに行ってきました。4,860円のコースでしたが、赤酢をつかった小さめのシャリで、全体的にかなりコスパのいいお店でした。全て味をつけてくれているところも私の好みでしたし、口に頬張るとおいしくておいしくて幸せな気分になりました。

靴を脱いであがるスタイルのお店です。去年の9月にオープンしたそうで、とても綺麗なお店でした。席から作っている様子が近くから見えるので、勉強になります。

大将もお話ししてみるととても気さくで、久しぶりにお気に入りのお店となりそうな予感。

 

鮨 つきうだ

食べログ鮨 つきうだ

 

 f:id:simple75:20170429094048j:imagef:id:simple75:20170429094056j:imagef:id:simple75:20170429094103j:imagef:id:simple75:20170429094109j:imagef:id:simple75:20170429094118j:image

 

 

 

SUSHI TOKYO TEN

新宿バスタがある新宿ニュウマンにあります。ランチは3,500円のコースのみとなっていて、カウンターの他にテーブル席もあります。場所柄外国人や観光っぽいひともいます。味は美味しかったですが、個性がない感じだったかな…

丸の内のまんてん鮨の系列だそうで、写真は撮らなかったけどおなじみのしじみ汁とかも出てきました。アワビもコースに入っているのだけど、アレルギーでお断りしたら中トロの炙りを出してくれました。ありがたい。

 

SUSHI TOKYO TEN、 新宿ニュウマン店

食べログSUSHI TOKYO TEN、 新宿ニュウマン店

 

f:id:simple75:20170429151109j:imagef:id:simple75:20170429151120j:imagef:id:simple75:20170429151126j:imagef:id:simple75:20170429151133j:imagef:id:simple75:20170429151139j:imagef:id:simple75:20170429151145j:imagef:id:simple75:20170429151150j:imagef:id:simple75:20170429151200j:image

 

最近の振り返り

 

最近自分の中で旬だったものの記録です。ほんとそれだけなので、オチもなにもありません。

 

 

メルカリで不要なものを処分

本当に使わなくて捨ててもいいかなと思ってた10品売れて3万円ちょっとになりました。(手数料と送料ひいて)

その結果、ある程度ブランド物は高く売れるということがわかりました。それが例え10年前に購入したものでも、多少着用感があったものでも。

というわけで、どうせ新しく買うなら定番のものを買えば次回購入するときに少したしになるなと考えまして、そのお金で18年ぶりにボーダーも解禁し、SAINR JAMES代官山店で2枚購入。

 

転職活動をやめた

どうも今回の転職活動では「お金を貯める」のが目標だったので今まで以上に興味のない業務をやるため、リスクを犯し時間も費やしての活動となっていました。途中から自分のやりたいことが見つかり、いまいる会社から月5万の福利厚生が発生するタイミングということもあり、よっぽど興味のある会社・仕事じゃないと転職はやめようと決断したところ、社内異動の話が再浮上し、結果的に労務へ異動することが決まりました。

デザイン畑出身の私がwebから離れることになったので思い切ったキャリアチェンジのようですが、将来的には自分が経営者となる予定なのでいまのうちにそういった部分を学んで吸収できるいい機会だと思っています。

しかしながら全くの初心者なので、勉強しないと本当に大変だと思います。

 

モバイルsuica

ゆくゆくは紙幣や硬貨はなくなる。そう思っていますし、(すごくすごく)将来的にはAIが働いてくれるので人類は労働しなくなるのではないかと思っています。

長年使用していた長財布に替わり、去年くらいからこんなお財布を普段使いしています。相当昔にかったギャルソンの小銭入れっぽいお財布です。

zozo.jp

普段はキャッシュカード払いが多く振込もネットで終わりますし、最近ではあまりお金をおろすことがなくなり、お財布に入れているお金も少額なのです。ですがコンビニで300円くらいのものを買うときキャッシュカードで払うのも少し抵抗がありました。そこでやっとモバイルsuicaを取り入れ、ますます今後はお財布を使うことが減りそうです。ミニマリストっぽい。

 

ヨガポール 

肩コリすぎて首の可動域が極端に狭くなりました。 いつもお世話になっている整体師におそわって、ストレッチポール買いました。softbankからポイントが3000円分もらえたので、迷わず送料込み税込2980円のものを購入。かなり割引されていたのでとても良い買い物でした。朝と夜に1〜2分仰向けに乗って手を回すだけでかなり調子が良く、ストレッチめんどくさがりな自分でもうまくいっています。

このストレッチをやって気がついたのは、水泳と近い動きだということ。確かに水泳やっていた時は肩コリなかったなぁ…

 

 

CHANEL ヴェルニ #475

去年の夏ずっと赤いペディキュアを塗っていたことを思い出して、先日手に塗ってみたところなんとなく色が気に入らなくかったので、メルカリの売上金で購入。

正直マニュキュアなんて発色以外あまり変わらないんだと思っていたけど、全然違いました。まず塗りやすさ。よれずにぬれます。そして何と言っても乾くのが速い!!めちゃくちゃ速いです。赤は赤でも微妙にちがう色のものがたくさんあるようなので、他の色もお店で見てみようかな。

マニュキュアって塗ってもすぐ禿げてしまうから、ジェルコート先に買おう!

 

 

 

 

 

 

 

 

3月の読書

 

さてさて、3月の読書

3月はなんだかんだなぜだかあまり読書が進まなかったです。

そのわりに、本は何冊も買っていたので読んでいない本だらけ

 

2月に続いて資産運用系の本

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 
  • お金のために働くな、自分のためにお金に働いてもらう
  • 自分でも投資しているファイナンシャルプランナーに相談する
  • 人生に突き回されないようにする
  • 買い物はただの出費、将来自分の資産になるものに出資する
  • 成功している人にコツを教えてもらう
  • セミナーなどで学ぶ
  • 学ぶために働け

ベストセラーなので読んでおこうと1月くらいから読み始めたのに、こんなにも時間がたってしましました。ざっくりいうと、成功している人に教えてもらって効率よく自分は働かないでお金に働いてもらおう。っていう感じでした。

とくに著者のファンでもなかったので、正直ところどころそんな自慢話はいらないよっていう印象もあったせいで、読み終わるまで時間がかかったのだと思う。なんでベストセラーなのかはちょっと不明でしたし、読んだうちのどれだけの人が内容に影響されているのかは不明です。とネガティヴなことを書いてしまいましたが、セミナーなど参加するとほんと少しのお金と何時間かで、その後の資産運用に有益というのは事実。

 

 

  •  素敵な服をきても姿勢が大事
  • 顔が派手なら服やアクセはシンプルに、バランスをとる
  • 黒でまとめるとしても光や若干の色違いをしないと魔女になる
  • 上半身と下半身ボリュームに差をだす
  • キャラクターは少なくていい
  • 玄関先にコート用ブラシ

あまり中身を見ないでなんとなく衝動買いしてしまったのですが、どうやら50歳くらいからのファッションについて書いてある様子。なので少し早い大人の予習的な感じで読み進めました。

全身黒い服でまとめることってあるのですが、ギクッと心に刺さった内容がありました。ちょうどこの本の表紙に書いてある絵の通り名のですが「黒」といってもベロアのように光を吸収したりするもの、光沢があるもの、黒に近いグレーなど。そういった「差」をほどよくつけないと「黒魔女」になる。すごく勉強になった!

 

 

練習は素晴らしい

 

最近はよなよな魚をさばいています

とはいえ仕事帰りにスーパーに寄ってあれば魚を買うくらいのものなので、鮮度はよくないしそのうえお財布と相談なのでもっぱら鯵だけですが…

 

ハマってる魚をひたすら捌くサイト。これは鯵の大名卸しですが、みてて気持ちいいし本当に勉強になる!


鯵(あじ)のさばき方:大名卸し - How to filet Horse Mackerel ver.Daimyo Oroshi-|日本さばけるプロジェクト

 

sabakeru.uminohi.jp

 

  

あと、こっちはエラの取り方が参考になります。


あじのたたきを姿造りにしました。

 

 

ひとり暮らしなので一度にさばくのは2匹くらい

もっと捌いて腕をあげたいけれどなかなか、上達ができません

お造りまでやり遂げたいけどいったんまだ刺身にするところまでで終了。

 

しかし今日さばいていて気付きがあったので写真を撮り、記事を書こうと思いました。

 

 

まずは3枚おろしにしたところです。

あくまでお造りにする過程の練習ということなので、頭はしっかりついています。

一見するとうまくできてるかも?とも思えます

f:id:simple75:20170328222819j:image

 

 

さて、ここから少しずつグロくなりますが、先ほどのお魚をアップで見ます

残した身の厚さはこんな感じです。ちゃんと薄いですね。上手にできていると思います。

 

f:id:simple75:20170328222856j:image

 

 

次の写真ですが、ここで注目したい部分というのが、中骨よりも背側の部分の頭に近い部分の肉のつき方です。手前の子はわりと骨に沿って攻めているのであまり肉が残っていません。

断面もボコボコしていないのがわかります。

頭を左にしてお腹を手前に置くと、これは手前の子も後ろの子も同様です。

 

f:id:simple75:20170328222842j:image

 

では、裏返してみます。するとこちら側は肉が残っていますし、表面がボコボコしています。今回2匹やってどちらも同じような仕上がりになっていました。

きっといままでさばいた魚たちも同じように、同じ部分の肉が厚く残っていたんだと思います。

2匹さばいたところで気が付いたことなので、次回捌く時に注意してやってみようと思います。

 

f:id:simple75:20170328222847j:image

 

 

さばいた魚はお刺身やなめろうにして食べています。

正直なところ、もっと鮮度のいい魚だとプリプリ美味しいはずだと思いながら食べているので、今週末は築地に行ってみようと思います。

 

f:id:simple75:20170328222903j:image

(上の写真で、奥のお皿はカワハギです。カワハギなのに鮮度が悪かったのか、全然皮がむけなくてイライラした)

 

 

 

 

魚のお造りを作る

お魚のお造りを習ってきました。

今回使ったのは、ホウボウとイワシ

作っている最中の写真はさすがに撮れなかったので、完成した写真だけアップ

(しかもイワシは完成品の写真も撮り忘れた…)

 

ホウボウはいままでアクアパッツアとかポワレなど、火をとおした料理でしか食べたことがなかったので、お刺身でも美味しく食べれるという発見。

白身魚でクセがなくて食べやすいです。

 

f:id:simple75:20170318165802j:image

お造りなので頭を落とさずに3枚におろします。手順はこんな感じ

  1. エラに手を入れて顎の付け根を包丁で切り離す
  2. おしりからまっすぐ顎に向けて切れ目を入れてT字に開くようにする
  3. 内臓を出して洗う(この時点でかなりキレイ)
  4. 首から骨に向けて包丁を入れるが骨に当たったらそこでストップ
  5. 背中から中央に向けて包丁を入れていき、尻尾に切れ目をいれる
  6. お腹の方も同様にして、あばらは包丁で切り離す。裏面も同じ要領で
  7. お腹の細かい骨部分は切り離して、中央の太いのは骨抜きでとる
  8. 皮をはぐ場合はしっぽの1cmくらいはあきらめて、皮を下にして包丁で剥く

今回皮に軽く塩をふってバーナーで炙ったものも作ったけど、焦げるいい匂いもして個人的には炙った方が好みでした。バーナーはホームセンターで買う予定。

 

お造りなので、生きているように大根につまようじなど利用してエラを広げたり躍動感を演出します。笹の葉はちゃんと保湿したら冷蔵庫で1ヶ月くらいもつらしい。緑があるとすごく見た目がいい!

サクから切ったときに、3切れor5切れで重なるように(高さが出るように)まとめるとお店みたいにきれいになります。

 

 

調理用の魚は先生が事前に仕入れてくれていたのですが、場内も案内してくれたのでおすすめの仲買さんのお店で牡蠣を買いました。剥き身も自宅用に買いました。

今回買ったのは長崎の「小長井牡蠣」というもので、ひとつ150円でした。こちらそこまで大きくはないものの中身はとてもつまっていて、開けてみるとすごく身が大きかったです。(こちらも食べるのに夢中になり写真撮り忘れた)

味も濃厚でかなり美味しい!!!

 

f:id:simple75:20170318165818j:image

剥き方のコツというのを教わりまして、これがすごく簡単!

牡蠣は平たい面と膨らんでいる面があるのですが、平たい面を上にして開く部分を12時の方向に置きペーパータオルで左側を押さえます。1時か2時くらいの部分をナイフで刺していき貝柱を切ると簡単に開くようになります。貝柱の下側も切り離すとスルッと食べられます。

 

f:id:simple75:20170318165833j:image

こんな感じのまるっこいナイフを使いました。かわいい

ナイフといっても包丁のように切れることはありません。あくまで形だけナイフ。

そんなこんなで、一緒に飲んだ純米酒でいい気分になりました。

 

f:id:simple75:20170318165812j:plain

 

 

今回の調理で使用した道具などセットで2,000円とのことだったので、迷わず購入しました。すでに包装紙の外観からわくわくする

 

f:id:simple75:20170318165839j:image

 

3点セットです

f:id:simple75:20170318165844j:image

 

まずは、牡蠣用のナイフ。ほんとフォルムが可愛い

f:id:simple75:20170318165850j:image

 

骨抜き。これは一生モノですね。

f:id:simple75:20170318165856j:image

 

今日は使わなかったけど、鱗落とし。かっこいい

f:id:simple75:20170318165901j:image

 

最後に、剥き身。1,500円を1,200円にまけてもらいました。たくさん入っているし生食用なのでちょこちょこつまんで食べたり、なめろうにしたりしてみようと思います。

 

f:id:simple75:20170318190754j:image

というわけで、とても楽しかったです。