魚のお造りを作る

お魚のお造りを習ってきました。

今回使ったのは、ホウボウとイワシ

作っている最中の写真はさすがに撮れなかったので、完成した写真だけアップ

(しかもイワシは完成品の写真も撮り忘れた…)

 

ホウボウはいままでアクアパッツアとかポワレなど、火をとおした料理でしか食べたことがなかったので、お刺身でも美味しく食べれるという発見。

白身魚でクセがなくて食べやすいです。

 

f:id:simple75:20170318165802j:image

お造りなので頭を落とさずに3枚におろします。手順はこんな感じ

  1. エラに手を入れて顎の付け根を包丁で切り離す
  2. おしりからまっすぐ顎に向けて切れ目を入れてT字に開くようにする
  3. 内臓を出して洗う(この時点でかなりキレイ)
  4. 首から骨に向けて包丁を入れるが骨に当たったらそこでストップ
  5. 背中から中央に向けて包丁を入れていき、尻尾に切れ目をいれる
  6. お腹の方も同様にして、あばらは包丁で切り離す。裏面も同じ要領で
  7. お腹の細かい骨部分は切り離して、中央の太いのは骨抜きでとる
  8. 皮をはぐ場合はしっぽの1cmくらいはあきらめて、皮を下にして包丁で剥く

今回皮に軽く塩をふってバーナーで炙ったものも作ったけど、焦げるいい匂いもして個人的には炙った方が好みでした。バーナーはホームセンターで買う予定。

 

お造りなので、生きているように大根につまようじなど利用してエラを広げたり躍動感を演出します。笹の葉はちゃんと保湿したら冷蔵庫で1ヶ月くらいもつらしい。緑があるとすごく見た目がいい!

サクから切ったときに、3切れor5切れで重なるように(高さが出るように)まとめるとお店みたいにきれいになります。

 

 

調理用の魚は先生が事前に仕入れてくれていたのですが、場内も案内してくれたのでおすすめの仲買さんのお店で牡蠣を買いました。剥き身も自宅用に買いました。

今回買ったのは長崎の「小長井牡蠣」というもので、ひとつ150円でした。こちらそこまで大きくはないものの中身はとてもつまっていて、開けてみるとすごく身が大きかったです。(こちらも食べるのに夢中になり写真撮り忘れた)

味も濃厚でかなり美味しい!!!

 

f:id:simple75:20170318165818j:image

剥き方のコツというのを教わりまして、これがすごく簡単!

牡蠣は平たい面と膨らんでいる面があるのですが、平たい面を上にして開く部分を12時の方向に置きペーパータオルで左側を押さえます。1時か2時くらいの部分をナイフで刺していき貝柱を切ると簡単に開くようになります。貝柱の下側も切り離すとスルッと食べられます。

 

f:id:simple75:20170318165833j:image

こんな感じのまるっこいナイフを使いました。かわいい

ナイフといっても包丁のように切れることはありません。あくまで形だけナイフ。

そんなこんなで、一緒に飲んだ純米酒でいい気分になりました。

 

f:id:simple75:20170318165812j:plain

 

 

今回の調理で使用した道具などセットで2,000円とのことだったので、迷わず購入しました。すでに包装紙の外観からわくわくする

 

f:id:simple75:20170318165839j:image

 

3点セットです

f:id:simple75:20170318165844j:image

 

まずは、牡蠣用のナイフ。ほんとフォルムが可愛い

f:id:simple75:20170318165850j:image

 

骨抜き。これは一生モノですね。

f:id:simple75:20170318165856j:image

 

今日は使わなかったけど、鱗落とし。かっこいい

f:id:simple75:20170318165901j:image

 

最後に、剥き身。1,500円を1,200円にまけてもらいました。たくさん入っているし生食用なのでちょこちょこつまんで食べたり、なめろうにしたりしてみようと思います。

 

f:id:simple75:20170318190754j:image

というわけで、とても楽しかったです。

 

 

 

牡蠣の季節

牡蠣は美味しい

できれば生牡蠣がいい

 

最近牡蠣を食べる機会が多かったのでメモ

 

f:id:simple75:20170315224113j:image

本屋で立ち読みしてて気になってた牡蠣のなめろうを作ってみた

鯵のなめろうも、イカのなめろうも美味しいけど、これもおいしかったな

2回連続で自宅で作って、さらにお呼ばれしたお宅でも作った

将来お店出したら絶対メニューに入れる!!

 

 

f:id:simple75:20170315224455j:image

お呼ばれしたお家では生牡蠣にイクラかけて食べました。すごい豪華なビジュアル

 

f:id:simple75:20170315224648j:image

 さらに牡蠣をベーコンで巻いたやつ!

どう作るか聞き忘れたけどもとてもおいしかった。酒蒸しみたいな感じにしてるのかしら。

 

 

 

f:id:simple75:20170315224749j:image

これは築地の牡蠣ラーメン

1200円くらいだったかな。今期見た中で一番大きな牡蠣が5つくらい入ってました

プリプリだけど大きすぎてちょっと飽きてしまった…麺も多めなのでもしまた食べる機会があったら麺半分で注文しよう

スープは牡蠣の旨味が移ってておいしかったです。塩ベースが有名らしいけど、味噌ベースもあります。

あと、焼売も人気。となりのお客さんは野菜ラーメン食べてたけど。

場内なので店内はそこそこ古いけど、おじさんは優しい。

 

 

以上、今季の牡蠣情報でした。

 

牡蠣いかだのオーナー権欲しいなーーーー 

item.rakuten.co.jp

 

 

 

2月の読書

2月もあっという間に終わってしまった

何もしてない、何も結果が残っていない気がする

だけどもかろうじて本は読んだ

 

  • 買うなら個人向け国債とインデックスファンドだけ
  • 72を利率で割ると、元本が倍になる年数が計算できる
  • 家は買わないほうがいい
  • 外貨商品は騙されやすい

すごくわかりやすい本だしこれ読んだだけでも100万くらいは軽く得する本だと思います。無駄な手数料や掛けに投資するなんて馬鹿げてるっていう気分になった。

周りの人にオススメしている本です。

外貨預金しているお金を満期が来たらまるっと投資信託に預けてみようという考え方にかわったし、老後の心配が少し減りました。そんな風に考えられるのも親のおかげ。

 

  •  資本家と労働者
  • お金のことを考えるのは悪いことではない
  • 親世代の常識が通用しない時代

1冊目と比べると実践的ではない内容。なぜお金を銀行に預けるのかや、いい会社に勤めることが正しい、お金のことばかり考えるのは恥ずかしいという日本的な考えに疑問を抱いていた私にとって、この本を読んでしっくりその答えがわかった気がします。労働者じゃなくて、資本家になろうと強く思いました。

 

 

 

遺伝子検査の結果

先月書いた遺伝子検査の結果が届きました

simple75.hatenablog.com

 

 

 

結論から先に言うと、どうやら「洋なし」タイプとのこと。

ちょこっとだけ結果をご紹介

 

 

f:id:simple75:20170215204900p:plain

 

 

ふむふむ。

その「洋なし」タイプはどんなことかと言うと…

 

 

f:id:simple75:20170215204905p:plain

 

思っていた通り!

実は炭水化物ダイエットしても、自分にはあまり意味がなさそうな気がしていたのです。

なので一時期カロリー制限をしていたところ、少し効果が出ていました。カロリーを制限しようとすると自然と油っぽいものを避けなければいけないので、結果として脂質を取らないようにしていた様子。

けれど、この遺伝子検査の結果がでるまでは我慢しても意味がないと思ったので、わりと好き放題食べていました。(少し太った気がする)

 

検査結果でも出たように、これからは炭水化物は普通にとって脂っこいものを避けようと思います。好きなお肉はほどほどに。

 

私はお寿司が大好きなので、炭水化物で太るタイプではないということがわかったのは非常に嬉しいかぎり!

お米もしばらく買っていなかったんだけど、今週末お米を買いに行こう!

 

結果には、サプリや健康食品を選ぶときの参考栄養素も書いてありました。

なかなかどういったサプリがいいのかわからなかったので、すごく助かります(多分)

 

 

これでダイエットの方針も決まったので、明日から徐々に実践してみよう。

 

 

焼肉とお寿司

手を怪我したのを言い訳に外食三昧

普段行ったことのない、新規開拓と思っていたけど結局のところ行ったことのあるお店ばっかりになってしまいました…その中でも美味しかった3店の記録

 

まずは 、渋谷のゆうじ

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001794/

知る人ぞ知るホルモンが美味しいと有名なお店。よく通っている人に初めて連れて行ってもらいました。やっと行けた!

f:id:simple75:20170210211743j:image

聞いていた通り混み合っていたけど並ばずに店外の席に座ることができました。真冬ですがストーブもあるし七輪が目の前なのでコートを脱いでも大丈夫。

お店の中には入れなくて残念だったけどテラス席ってテンション上がる!

 

f:id:simple75:20170210211737j:image

注文は最初に全部頼む形らしく、連れて行ってくれた人に全ておまかせ。

刺身系が多くて、上の写真はロースだったかな?ポン酢がかかっていてとっても美味しかったです。生肉好きにはたまらない。

下の写真は焼肉用のお肉。これまた美味しくて、またぜひとも来たいと思いました。

連れて行ってくれてありがとう!

f:id:simple75:20170210211748j:image

 

 

 

平日休みを狙ってよく行くのが、築地の秀徳3号店

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13157344/

ランチしか行ったことないけど、さほど混んでいないし江戸前で丁寧な仕事がされていてコスパもいいし一番お気に入りのお店。今見たら食べログ3.58でした。

よく食べるのは、4000円と2700円のコース。今回は2700円のコースにカワハギを1貫追加オーダー。白ワインもグラスで2杯頼んでほろ酔い。

f:id:simple75:20170210211757j:image

上は、カニ。蟹味噌をお酒で溶いたソースがかかっています。赤酢を使用しているので、シャリが少し色がついています。赤酢って一昨年くらいに知ったんだけど、なんとなく赤酢つかっていると、おおっってなる。

下は、追加注文したカワハギ。薄造りを軍艦の海苔のようにシャリに巻いて、上に肝がのせてあります。めちゃくちゃ美味しい。

f:id:simple75:20170210211801j:image

基本的に塩や醤油をつけて出してくれるので、目の前におかれたらそのままお口へ。

 

 

 

最後もまたお寿司。築地場内にある大和寿司

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13002389/

場内なのでお昼ごろには閉まるお店が多い。大和寿司は今回が2回目で、前回は始発に乗って1時間以上並んで食べたんだけど、まだ体が起きてなくて全部は食べられなかった…というわけで、今回はリベンジとして平日の13時に並んでみました。

 

f:id:simple75:20170210211807j:image

私の前には13人がすでに並んでいたものの、みなさん2人組らしくひとりで来た私はひと足早く入店できました。並んだ時間は15分弱くらい。早く入る裏技発見できた。

メニューはおまかせ(7貫と巻物1本と味噌汁)で3780円(税込)

いいテンポで握りが出てくるし、写真もいいよいいよと撮らせてくれます。

 

まずは、イカとトロ。大和寿司も醤油差しは2席に1つくらいの勢いで置いてあるけど、醤油は塗ってあるのでそのまま食べるだけ。

f:id:simple75:20170210211813j:image

 

ウニの軍艦。見た目よりもウニが詰まっています。

f:id:simple75:20170210211817j:image

 

蒸しエビとトロ。海老はいままで生が好きだったけど、最近蒸し海老の美味しさに目覚めました。トロは最初に出て来たのきっと板前さん忘れたんだろうな。

f:id:simple75:20170210211822j:image

 

白身はカレイ。肉厚でもっちり。

f:id:simple75:20170210211829j:image

 

最後は穴子。大きさもちょうど良くてツメも甘すぎず好きな感じ。

けど細い骨が喉に刺さっちゃって少し辛かったな…(食べ方が悪かっただけ)

f:id:simple75:20170210211834j:image

巻物は1本なんだけど、マグロのほかにイクラも巻いてあるので2種類の味が楽しめます。イクラの巻物はここでしか食べたことないけどおすすめです。

 

そろそろ素食に戻らないと!

 

1月の読書

転職活動をはじめて、20代や30代前半のようにうまく進んでいないという状況から、将来に対する不安とくにお金の不安が自分の中で大きく膨らんできた気がします。

前回のブログで書いたように、サラリーマンゆえ収入源がひとつであり、勤務先からの収入に頼って当たり前、だけどリストラや倒産、好きだとは言えない仕事をやることについての不満、そういったものを解消しようとネットで調べていたところいくつか参考になるような本が見つかったので、備忘録も兼ねてご紹介

 

※個人的な感想ブログなので、よくもわるくも私の解釈で書いていきます。

 

どちらも本田健さんという方の本で、今回はじめて知ったのですがたくさん著書があるみたい。

Amazon.co.jp: 本田 健:作品一覧、著者略歴

 

これから、どう生きるのか 〜人生に大切な9つのこと〜

これから、どう生きるのか 〜人生に大切な9つのこと〜

 
  •  普段付き合うのはせいぜい30人くらい
  • 友達は自分で選べるから「素敵な人だな」と思う人を一人ずつ増やそう
  • 泥水が入ったコップもきれな水を入れていくうちにきれいになっていく
  • 20代なら20代の、40代なら40代のそれぞれお金の悩みにふりまわされている
  • 運・不運は交互にやってくる
  • 不運があっても不幸になる必要はない
  • ある程度運命はきまっているけれど、自分次第で変えられる部分はある
  • 生きる意味をつかみとると、深いところから心の平安がうまれる
  • 人生の目的を見つけることができずなんとなく人生が終わるほうが多い
  • まわりの人や仕事、会社の評価によって自分の感情が左右され、幸せ度が変わるのは人生の目的を掴み取っていないから

 

 読んでいていままで言語化できていなかった自分が考えていたことが書いてあってとても参考になりました。

もともと友人が少ない自分にとって、付き合うのは30人程度というのはなんとなく励まされたような気分になりましたし、ずーっと人はお金の悩みに振り回されるんだなと諦めのようなものを感じました(いい意味で)。

人生の意味についてずっと悩んでいて、やりがいや生きる意味についての心構えのアドバイスをもらえた気がします。とくに私は周りからの評価を気にしがちなタイプで、その評価によって幸せ度が変わってしまいます。もちろん、人から褒められるのはみんな嬉しいと思うけど、てっとりばやく「立派」と思われたいという意識が強いようなので、「自分にとって」の人生の意味を見つけられるようにしたいと思います。

 

 

30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

 
  • 自分の可能性や限界を感じ、リセットしたくなるのが30代
  • 人生の90%は30代で決まる
  • 年齢の離れた友人をもつとその後の参考になる
  • 応援されやすい人になる 
  • 自分主催のパーティを開く
  • 才能の掛け算で可能性と強みを広げる
  • 0.9の人にだまされない

 

ここ最近の悩みっぷりは、自分の限界を感じリセットしたい気持ちになっているのかと感嘆すると同時に、すでにもう30代半ばになっているし体力気力ともにいまがんばらないと今後の人生が決まってしまうというという焦燥感も感じました。

本田さんの著書は、20代、30代、40代など各年代に向けてシリーズ化されているものもあり、もっと早く出会っていたらよかったなと感じます。そういった点で、あまり友人が多くない自分にとっては、シリーズ本全部読んで、人生の先輩たちのアドバイスや後悔のようなものを聞いたような形になるのではないだろうか。

ドキッとしたのは0.9の人という表現。0.9だと1に近いから妥協してしまう、まわりがなんとかしてくれると受け身の人が0.9のタイプとのこと。実際ほとんどの人が0.9なんじゃなかろうか。1の壁を超えられた人は、1以上の人たちとコミュニティを作っているイメージ。けれど、その1は過去の1であって、現状は0.9という人もいる。それは本人も実感しているので、なんとなく胡散臭いなって感じることができる。こう書いてしまったけど、なにか自分が本気で成長するときはこういった厳しい目をもつことが求められるということ。

 

 

今週は消化できていなかった有給を使って1週間のお休み。

本当は面接用にあけていたんだけど、読みたい本も3冊あるしむしろ自分の方向性を考えるための時間だと前向きに考えて過ごそうと思います。

 

1月振り返り

まずはこちらの上半期リストから振り返ってみよう

simple75.hatenablog.com

 

達成できたことはこの5つ

  • 新しくPC用メガネ作る
  • 耳かき買う
  • 競馬についての基本情報をおさえる
  • 月に1冊以上本を読む
  • 月1回のプチ断食

 

zoffでPCメガネ作った。なんとなく度が合ってない気がする

どうしようかな。。。

f:id:simple75:20170202221008j:image

 

 

耳かきは悩んだ挙句やすいものを買ってみました

レビューを読むと「昔と比べて品質が落ちた」というものが多かったけど 

初めて買ったので実感はできませんでした。

けど、いままで使っていた耳かきと違ってしなるというか柔らかい。

2本入りだったのは、壊れやすいってことなのかな?

細くて華奢だから、とりあえず折れるまで使ってみようと思います。

わりとおすすめです。

匠の技 最高級天然煤竹(すすたけ)耳かき 2本組み G-2153

匠の技 最高級天然煤竹(すすたけ)耳かき 2本組み G-2153

 

 

競馬の基礎知識については、JPAのサイトを見たり

回収率の高い馬券の買い方や競馬エイトを買って参考にしつつ買っています。

出だしは的中率あげたくてオッズに従って買ってたけど、回収率を上げる方向にシフトしました。なので馬券買うようになってからの合計の回収率は82%

まだまだ。

http://www.jra.go.jp/

 

 

さて転職活動も振り返りたいと思います。

1月は5社面接に行って、結果としては全て不採用。

そのうち2社は、R系のグループ会社

その他はD社と大型事業会社と外資アパレル系

どれもweb系だけど自分のやりたいことではないというのが、面接で伝わってしまったんだと思う。そんな気持ちで応募して時間もとらせてしまって本当に申し訳ないなと今更ながら感じている。

  1. 「大企業がいい」というミーハーな気持ち
  2. やりがい<お金
  3. 実作業は安いしもっとパワポっぽい仕事がてっとり早くお金もらえる

他にも原因はあるけれど、ざっくりいうとこんな感じで仕事を探してたのがそもそもの間違い。

 

「大企業がいい」というミーハーな気持ち

ほんとバカげているけど「大企業勤め=立派・安心=かっこいい」みたいな感じで洗脳されている。大企業につとめるのがゴールみたいな感じで、入社後はボロボロになってもそれでもいい。みたいな気持ちがあった。
洗脳だから原因不明。40代の8割以上が役職つかないと言われている(大企業になるほど年々自分の居場所がなくなるだろう)時代だし、いつ倒産してもおかしくない時代だもの、もう大企業じゃなくていい。雇われるなら居心地のいい会社がいい。

 

やりがい<お金

お金については早く貯金を貯めてお店を持つor将来の不安を減らしたいというのがある。サラリーマンだとたったひとつの勤務先からの収入源に頼った生活をするしかないので、おのずと給料のいい仕事につこうと思うのは仕方がないことだと思える。

理想としてはやり甲斐を感じ好きな仕事で沢山お金を稼ぐこと。それを行動に移して叶えられる人は少ないわけで、少しでも不安を減らすために収入源を増やすことを年内に動き始めたいと思います。未来への投資。

 

実作業は安いしもっとパワポっぽい仕事がてっとり早くお金もらえる

ほどほどにやり甲斐があって自分も楽しめてそこそこ満足できる給与なら転職もしていない。

今回の転職活動ではふつふつと怒りが込み上げてきたり、悔しい気持ちになることがあった。例えばデザイン職で、(経験上恐らく)たいしたデザイン業務が発生しないのにこんなに給与もらえるの?とか、そんな楽な仕事でこんなにもらえるの?みたいなことがあり、職人ってなんで安く買い叩かれるんだろうという社会への不満。

ぜひ来て欲しいと呼ばれて行った面接では、こんなにお金もらるのにほんとに業務それだけ??という思いが出てしまって、結果的に「弊社の業務に興味がなさそう」と言われた。全く興味のない仕事なのにお金とラクさに釣られてついて行ってごめんなさい。

 

恥ずかしながらこんな間違ったことに気がつかなかったのだけれど、ありがたいことにとある制作会社からオファーいただいて、そこからちゃんと考え始めた。

どうなるかはわからないけれど、考え直すきっかけを作ってくれたことにとても感謝しています。

そして、世間は狭いというか縁ってあるんだなと感じています。

実はその会社にかなり昔デザイナーとして面接に行ったけど落とされていて、その時の面接官が役員になりその人から今回匿名の私に管理職として来て欲しいという連絡が来た。恐らく私のことなんて記憶にないだろうけど、時を経て全く違うポジションで、そういう連絡が来るというのは人生何が起こるかわからないなと。

人のご縁って面白い。