最近さばいたお魚

卒業してからほとんど握ってはいませんが魚はさばいています。

まずは平目と鮭をさばく教室に1回ずつ行ってみたのですが、学校のおかげで一般レベルではなくなったので全く楽しめなかったです。なので、動画をみながら地道に勉強しています。

 

まずは、赤貝。お寿司屋さんに築地へ連れて行ってもらって購入。赤貝って楽しいな。

高いけど!

f:id:simple75:20171104193544j:image

 

 

 

ふるさと納税でとどいた鮮魚3kg。本当に一人では食べきれなくて辛かったです。

ウマズラハギと石鯛、丸アジ、平目、ホウボウ、カンパチが入っていました。なめろうや火を通してどうにか食べました。

f:id:simple75:20171104193601j:image

 

 

f:id:simple75:20171104193616j:image

 

 

 

学校の同級生の方に江ノ島まで連れて行ってもらって朝市に行って来ました。台風のひだったのでほとんどお魚はでていませんでしたが、それも面白い経験となりました。

カサゴを2匹とサザエ1つ購入しました。サザエは刺身にして、カサゴアクアパッツァと唐揚げにしました。最近アクアパッツァをよく作っていたのですが、漁師メシなので貝類揃ってなくても全然OK!

f:id:simple75:20171104193632j:image

 

 

 

ネット通販で冷凍の腹上部分を購入してみました。

というのも実は最近冷凍マグロの美味しさに気付きまして、全然ドリップとかで不味くならない解凍方法で美味しくいただいています。

そして見てくださいこの大トロを!すごーいきれい

f:id:simple75:20171104193701j:image

さらに別角度から、美しさを。 きれーい!

 f:id:simple75:20171104201646j:image

f:id:simple75:20171104201714j:image

 

最近まったく寿司を握っていなかったのですが、久しぶりに握りましたよ。大トロと漬けとイワシを。久しぶりすぎてうまく握れなかったですが、ちゃんと握らないとダメですね。

f:id:simple75:20171104193723j:image

f:id:simple75:20171104193750j:image

 

 

 

 

 

8・9・10月のお寿司

8月と9月の記事を書き忘れていました。

アナフィラキシーとかあったのであまり通っていなかったけどメモメモ.

 

すし家

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13147846/

f:id:simple75:20171104181909j:image

 初めて行ったのですが、狭い路地にひっそりとありました。

ゆっくりとですが丁寧に仕事されていてすごくきれい。美しい。写真は取れなかったけど、昆布で巻いてある鯖の棒寿司の輪切りを海苔ではさんで出してくれたのが驚きでした。背の高い大将は来年あたり独立されるそうです。お客さんは海外の方が3分の1くらいでした。今度は夜に行ってみたいなと思いつつも新しいお店でもいいかな。

 

 

鮨 青木

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13000563/

f:id:simple75:20171104182159j:image

 当日電話してランチに行くことができました。予約ではコースのみの予約となるそうです。カウンターがずらりと一列に並んでいて奥の方の、大将の目の前の席になったのはとてもありがたいことです。しかし、食べ始めたもののネタやシャリが大きくて途中でギブアップ。好きなネタを頼むことにしたのですが、ランチで2.3万とかなりお高くつきました。笑 足元見られちゃったのかな。 コースの品数を聞いたのですが、いくつだったかは忘れてしまいました。けど、かなり多くて無理でしょ!って思いました。ずっと行ってみたかったお店だったのですが、自分の中でハードルを上げすぎたみたい。

大将もお店の方もみなさんいいい人ばかりで楽しかったです。

 

 

五徳

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13043203/

 

f:id:simple75:20171104193859j:image

 f:id:simple75:20171104193916j:image

とあるお寿司屋さんにすすめられて行ってみました。奥渋谷にあります。飾りやネタケースもないのでとってもシンプルなお店という印象でした。

日本酒は5種類をちょっとずつのペアリングが3000円です。お料理はというと、おつまみの後に寿司という流れなのですが、まず最初の一品目で度肝ぬかれました。お寿司屋さんなのにバケットが!(けどそれなら私の方が上手だなと思ってみたり)ホタテと海苔のムースやマリネなども。

牡蠣の上に柿のピュレという駄洒落も最高!他のお客さんも思わず美味しいといっていたのは、鱈の白子と酢飯のココット焼き。オーブンで焼いてるし器も洋で斬新です。栗がのった松茸茶碗蒸しも、こういうところで季節感出せるんだと感心。和洋折衷の可能性を感じたコースでした。

 

 

鮨 一條

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13191562/

f:id:simple75:20171104193927j:image

2回目の訪問。前回かなり感動したおぼろが入っていたはずの海老をたのんだのですが、あれー?という印象でした。けど相変わらずネタケースはきれい!お皿も変わっていてよかったです。

 

番外編

f:id:simple75:20171104194000j:image

近所のお寿司屋さんなのでお店の名前は出せないのですが、サザエの刺身の盛り付けがとてもきれいだったので載せます。ほんとこういうのってセンスと経験値なんだろな。すごい。 

 

 

アレルギーの検査結果

保険で受けられた(搬送された日に食べたもの)アレルギー検査結果がでました。

 

結果は写真の通りで、まったくアレルギーの対象ではありませんでした。

f:id:simple75:20171001225656j:image

 

もちろんこの検査対象にないものも食べてましたが、結果が出る前に食べて全く影響がなかったのでますます謎は深まるばかり。

 

 

 

 

長次郎の鮫皮おろし

最近もちょこちょこと色んなものを買ってはいるのですが、そのなかでもトキめいたものをご紹介。

 

まずは、長次郎の鮫皮おろし。

ずっと気にはなっていたのですが、先日お土産でわさびをいただき、冷蔵庫で1ヶ月くらいもつということを知り購入。

レビューなどをみて「大」を選んだのですが、思っていたよりも小さいです。けどまあ、このくらいの大きさでいいのかもです。

f:id:simple75:20170924213444j:image

 

ただわさびをおろすだけなのに、とてもかわいらしい。

鮫川の表面はこんな感じです。写真だと丸い感じにみえますが、実物はひとつひとつがとんがっています。

 

f:id:simple75:20170924213448j:image

 

円を描くようにおろすのですが、すぐにわさびが完成します。完成したものはふわふわしていてクリーミーな仕上がり。

 

f:id:simple75:20170927092343j:image

 f:id:simple75:20170927092406j:image

 

お刺身にのせて食べるとあまり辛くもなく、上品な爽やかさが感じられます。これは実家にも買ってあげようかな。

 

しめ鯖を作る

前回の記事の通りアナフィラキシー回避のため、最近はお寿司も食べず料理もあまりしていませんでした。

けど、その前にしめ鯖作りにはまっていたので記事にしようと思います。

 

鯖の捌き方は学校で習ったのですが、3枚におろすと腹骨が身についてこないという状況でした。近所のお寿司屋さんに習って、包丁の角度などのコツを教えてもらった結果、かなり上達しました。

鯖の選び方としては、今の季節真鯖は痩せているのでゴマ鯖です。どちらもぷっくりと太った子を選ぶのがコツです。

また、捌くときは新聞紙などを敷いて頭と内臓をとるとまな板が汚れません。

 

下の写真は腹骨を逆包丁ですくときに少し身が割れてしまいましたが、表面はツルツルに捌けるようになりました。

 

f:id:simple75:20170918092148j:imagef:id:simple75:20170918092134j:image

 

3枚に降ろした後は、こんな感じで塩を両面にもりもりつけて45分〜60分くらい置いておきます。塩の前に砂糖で脱水する方法もあるみたいなので、今度やってみようと思います。

保存食を作るのにはまっていたこともあり、こういった写真をみると自分が作ったものでもほんとうっとり。

 

f:id:simple75:20170918095739j:image

 

 塩でしめた後は、冷えた酢で30分前後さらにしめます。

このとき、お酢が冷たくないと皮がべろんべろんになってしまうそうです。今回はバットに入れてみたのですが、お酢の量が多くないと全体的に浸らいので、ビニール袋にいれてしめるほうが良いかもです。

お酢でしめると表面が写真のように白くなります。しめ鯖というと酢でしめるイメージですが実際は時間的にも塩でしめています。

 

f:id:simple75:20170918092234j:image

 

お酢でしめたら、表面の水分を軽く拭き取ってサランラップで巻いて24時間くらいおいておきます。使う時に中骨をとって、皮をむきます。

私は炙った方が好きなので、バーナーで焼いて食べています。炙ると香ばしい香りもするし、見た目も食欲を誘います。

 f:id:simple75:20170918092328j:image

 

思っていた以上に作るのがかなり簡単なのでおすすめです。

しめ鯖はある程度マスターできたかなと感じます。

 

 

 

2度目のアナフィラキシー

先日、人生で2回目のアナフィラキシーで病院へ運ばれました。

 

ちょっと珍しいアレルギーなので、ここに書くとバレてしまうので書きませんが、1回目の原因となった食べ物は食べていませんでした。

 

週に一回くらいの勢いで通っているお寿司屋さんで、いつも食べているお寿司を食べていたのですが、なんとなく吐き気がしてトイレへ。

その後はこんな症状が

  • 嘔吐
  • 耳鳴り
  • 耳が晴れる
  • 瞼と口元を中心に腫れる
  • 顔の皮膚が硬くなる
  • 腹痛
  • 手足の震え
  • 悪寒

 

救急車では薬も注射もしてもらえず腹痛と戦い、病院でもなかなかトイレに行かせてもらえず苦しかったです。

けど点滴してもらったら、すーっと腹痛もなくなりました。

 

顔の腫れがひかなかったので、翌日も病院へ行って注射をしてもらいました。診察でエピペンを処方してほしいと伝えたところ、その病院では処方していないとの事。

後日ほかの病院へ行って処方してもらえることになりました。

その際に、心当たりのあるというか気になる食べ物の検査もお願いしたので、原因や結果についてはまた後日、記事を書こうと思います。

 

f:id:simple75:20170918091439j:image

処方箋だと1本3000円で、今回は2本処方してもらいました。

病院でも言われましたが、あまりエピペンが置いてある処方箋薬局は少ないので自宅付近など受け取りやすい場所の薬局で取り寄せてもらいました。翌日には受け取れました。

 

思っていたよりも大きな箱だなと思っていたのですが、中には下の写真のように2本入っていました。

右のものは練習用で薬液も針も入っていません。左のものは実際に症状が出た時に使う本番用のものです。透明なケースに入っています。

長さは15cmくらいです。

 

f:id:simple75:20170918091913j:image

 

練習してみました。

まず青いキャップを取り外し、グーで握ったエピペンを太ももの脇あたりに強くさします。といっても太いのでさすというよりも、勢いよく押し当てるというほうが合っているかもしれません。

するとバチンと大きな音を立てて、先端のオレンジの部分が出ました。本番用だったらさらに先端に針がでるのかな?

 f:id:simple75:20170918091925j:image

 

 

下の写真は本番用のもので、中の液体の色が見える小さな窓があります。エピペンには使用期限があって、切れる前にメールで通知してくれるサービスがあるのですが、それ以外にも薬液に異常がないかなどここで確認できるみたいです。

 f:id:simple75:20170918091942j:image

 

本体にも注意書きがかいてあります。通常の温度で大丈夫とのこと。

 f:id:simple75:20170918091951j:image

 

ちなみに今回初めて知ったのですが、エピペンを打っても顔が腫れたりの症状は抑えられないとのこと!!驚いたのですが、これを打つことで意識を失わないそうで、その間に救急車をよんだりして、頓服としてもらった薬を飲めばすこし症状が軽くなるそう。

なので、エピペンと頓服をセットで携帯するポーチを探しています。 

 

 

読書

最近めっきり読書から遠のいていました。

とはいえ全く読んでいないかといえば嘘で、寿司ネタについての知識を増やすべくお寿司の本ばかり読んでいました。

そんな訳で一冊を読み終わるまでの期間が長かったのですが、2冊だけ紹介。

 

大人が教えられない本当の「経営」のはなし (PARADE BOOKS)

大人が教えられない本当の「経営」のはなし (PARADE BOOKS)

 

「会社とは"しくみ"のこと」 初めて経営の本を読む人におすすめの本だと感じました。いままで、会社や学校などの理念というのは無駄だなと感じていたのですが、この本を読んでからは理念や社会的使命というものが経営していく上でいかに大切かということと同時に、経営技術

や技法に騙されてはいけないんだと勉強になりました。

 

 

なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ

なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ

 

 もはや恋愛事から遠のいているので読むかどうか迷っていたのですが、2時間くらいで読み終われそうと思って購入。わたしは「迷走の女王」タイプでした。ま、だから独身なんですよねという感じだったけど、最近ネットで見かけた「理想の自分に合うよりも、素の自分に合う相手を探す」というもの。ずっとなりたい自分に合う男性を探していたけど、もう疲れたわ(笑)。恋をしたい20代アラサーとかには人気の理由がわかります。